HOME 理事長所信 青年会議所とは 各委員会方針各委員会方針活動報告入会案内
 





所信

はじめに

青年会議所運動は1951年、戦後の復興期に「新日本の再建は我々青年の仕事である」との志のもと、東京からはじまりました。その後1967年に369番目に設立された有田青年会議所は昨年度50周年という大きな節目を迎えることができました。これはひとえに青年会議所運動を真摯に展開されてこられました先輩諸氏、そして50年という歴史の中で多大なるご理解とご協力をいただきました地域の皆様、関係諸団体の皆様のご尽力があってのことと心より御礼申し上げるとともに尊敬の念に堪えません。

これまで諸先輩方が連綿と受け継いでこられた高い志と熱い想いを大切にし、時代の変化に順応しながら次世代という新しい時代に恐れず立ち向かっていく所存です。


次世代へつなぐまちづくりと人材育成

我々有田青年会議所メンバーは経済人として、また地域の担い手としての役割があり、それは時代と共に地域や人が今何を求めているのかを考えることであると私は考えます。我々は地域、人に必要とされなくなった時、存在価値を失います。少子高齢化の波は現在も止まる兆しは見えていません。また、母子家庭の増加に伴う子供の貧困問題や経済格差等、今尚多種多様な課題が時代の変遷とともに浮き彫りになってきています。

今こそ我々は、地域や人に必要とされる組織を目指すためにも目前の問題から目を逸らすわけにはいきません。我々の使命は諸問題と真摯に向き合い、その解決の糸口を見出すきっかけとなり、積極的に行動することではないでしょうか。その為にも青年会議所運動を通じてメンバー一人ひとりが想いを一つにし、意識を醸成することにより、様々な事業を展開し、その結果としての資質向上を互いが認め、士気を高めることが次世代を担う魅力あるまちづくり、またひとづくりにつながっていくと考えます。そして、有田青年会議所が地域に必要とされ存在価値を高めることにより、地域に根付いていけると考えます。


人が人をつなぐ会員拡大

時代の流れとともに、有田青年会議所においても会員の減少が進んでいます。昨今に於いては少数精鋭で組織を持続的に、また「明るい豊かな社会の実現」に向けて機能的に運営することも大事なことかもしれません。
しかし、有田地域を活性化させる、次世代の人を育てるという観点から考えると危機感を抱かずにはいられません。今一度原点に立ち返り、人が集まる組織とは何なのかということを全員で真剣に考えるべきではないでしょうか。

有田青年会議所に入会しようと考えていただける時、必ずそこには人が存在します。単純な勧誘では組織や人の魅力を伝えることはできないはずです。だからこそ、まずは我々メンバーが魅力に溢れる存在になる為に、様々な経験を通して自己研鑽に励むことが大事ではないでしょうか。また、地域の為に率先して行動することで、必ずその先に新しい仲間との出会いが待っているとともにその新しい仲間が地域のさらなる原動力となることを信じています。


想いをつなぐ

我々メンバーは50周年という大きな節目を迎えたことで、今の有田青年会議所が存在できるのは、諸先輩方がそれぞれの時代に「明るい豊かな社会の実現」のために高い志と想いを紡いでこられた結果であることと改めて実感いたしました。その50年という重みは先輩諸氏が地域を良くしようという大きな情熱があったからこそ今現在につないでこられたという歴史であります。

先輩諸氏が受け継いでこられた有田地域への高い志と想いを絶やすことなく更なる努力と若い力で次世代へと力強くつないでいきます。


地域に根付いた青少年健全育成事業の開催

 地域とは、様々な人と触れ合える交流の場、様々な事が学べる場、身近な生活の場です。そんな皆にとって必要な地域には未来を支える上で潜在的に大きな力を持っている青少年の力が必ず必要です。そして、その大きな力を健全に導いていくことが大人の責任であり、未来を創るうえで必要不可欠です。         

我々青年会議所は若い発想と創意工夫で未来を創ることができる能力を兼ね備えているとともにその力を地域に伝え、未来を創るために今地域、青少年がどのようなことを必要とし求めているのかを見極めながら、健全な青少年を育成する事業を開催し地域に貢献していきます。


わんぱく相撲有田場所の開催

各地青年会議所では、青少年を健全に導くための様々な事業が行われています。当会議所においても例年わんぱく相撲有田場所という大きな青少年健全育成事業をこれまで、16回開催させていただいております。本年より全国大会の予選大会が和歌山県内に於いて開催されることが決まっています。この転機である本年の有田場所を成功に導くことが、何よりも子供たちの為になることと考え、地域、そして有田少年相撲育成会様ともさらなる連携を図り、本年も開催します。メンバーが一丸となり取り組むことで、子供たちの勝ち負けへの意識、グッドルーザー精神と言われる相手への思いやりなどを育みます。


おわりに

有田青年会議所は50年の歴史を重ねてきました。その歴史は紆余曲折ありながらも地域に根付き、寄り添ってこられた歴史でありました。その永きに渡る運動をここで絶やしてはなりません。有田地域をこれからも発展させる為にも我々自身の為にもメンバー一人ひとりの意識と行動により、これまで築きあげてこられた高い志、また想いと共に次世代へつないでいきます。



スローガン

「つなぐ」

~次世代への架橋へと~

基本方針

会員拡大による新しい仲間との友情を築く

次世代につなぐまちづくりと人材育成

児童青少年の健全育成

地域に根付いた事業の開催

各地青年会議所、ブロック協議会との連携と協力

地域他団体との交流

基本計画

会員拡大

会員の資質向上

地域に根付いた青少年健全育成事業の開催

わんぱく相撲有田場所および和歌山県内予選大会の開催